MENU

芸能人になるための履歴書・自己PR文章の書き方まとめ【芸能界】

LINEともだち限定で、オーディション合格マニュアルを無料プレゼント中!

友だち追加

「芸能人になりたい!履歴書を書きたいんだけど、どんな内容を書けば良いんだろう?」

この記事では、こんなお悩みにお答えします。

目次

芸能界で活躍するために、魅力的な履歴書を書く方法

次のような内容で、プロフェッショナルな履歴書を書いてください。

これまでの人生で、芸能関連に結びつきそうな経験を書く

俳優・女優、歌手・ミュージシャンを目指す人のための履歴書であれば、自分のスキルや経験、トレーニングの内容などを記載します。

地元の大学で履修したクラスを記載するのも良いが、観客の前で演奏した経験があると信頼性が増します。

例えば、「バンドやオーケストラで演奏することで、多くの俳優や女優がステージに上がる前に緊張に対処する方法を学びました。」などです。

 

俳優や女優の仕事に応募する場合は、演劇、映画、テレビ番組への出演など、演技の経験があれば必ず記入します。また、映画やテレビ番組に出演したことがあれば、それも必ず記入しましょう。

演劇に出演したことがある場合は、どんな役を演じたか、どんな性格の役だったかなどを記入します。

ミュージシャンとして応募する場合は、バンドやオーケストラでの演奏など、音楽的な経験も記入しましょう。

また、バンドやオーケストラに所属したことがある場合は、それらも必ず記載しましょう。高校や大学でダンスの発表会やコンクールに参加したことがある場合は、その情報も履歴書に記載するようにしましょう。

受賞歴・推薦状などあればベター

また、在学中に受賞した賞や奨学金を記載することも重要です。可能であれば、あなたのパフォーマンスを見ることができるビデオやリンクも添付しましょう。

また、先生や過去の雇用主からの推薦状、エンターテイメント業界にコネクションのある友人や家族からの推薦状も記載することが重要です。

より具体的に、どんな仕事がしたいか書くべし

さらに、映画、テレビ番組、コマーシャル、ミュージックビデオなど、自分が興味のある具体的な仕事に合わせて履歴書を作成するようにしましょう。

履歴書は、あなたが何をしてきたかだけでなく、何をしたいかを示すものであることを忘れないでください。

自分が何に興味があるのか、なぜそれが自分のキャリアにとって良い選択だと思うのか、といった情報を盛り込みましょう。

コミュニケーション能力に問題がないことを明らかにする

また、同僚やディレクター、プロデューサーと接する際には、コミュニケーション能力が重要な鍵となりますので、必ず強調してください。俳優や女優として採用されれば、あなたの新しい映画やショーについてプレスリリースが書かれる可能性があるからです!

あなたが人前で話すことに抵抗がないことを明確にしましょう。

演劇のクレジットから社会奉仕活動まで、あらゆるものを含めてください。これらはすべて、従業員を雇用する際にすべての雇用主が求める2つの資質である成熟度と責任感を示すからです。

嘘は絶対に書いてはいけない

最後に、履歴書に嘘を書いてはいけません。今はどんなに小さな嘘に見えても、将来、特にショービジネスの仕事に就いたときに、それがあなたを苦しめることになるかもしれないからです。

ただし、年齢や身長など、就職に不利になりそうなことは伏せてもかまいません。ただ、正直であることが一番です。

芸能界でも、職種によって履歴書の書き方は異なる

なお、エンタテインメントのキャリアによって、必要とされる履歴書のタイプが異なることを念頭に置いてください。

俳優を目指すのであれば、学歴や舞台経験を、ミュージシャンであれば、音楽の才能をアピールしましょう。どのような履歴書を作成するにしても、あなた自身の個性や経験を反映させたものにすることが大切です。

履歴書は、あなたという人間を反映するものでなければなりません。クリエイティブ、勤勉など、あなたの個性が伝わる言葉を使い、他の応募者と差をつけましょう。

 

具体的な履歴書の書き方について

履歴書の基本的な書き方はご理解いただけたと思いますので、次に、より効果的で見やすい履歴書の書き方やフォーマットについてご紹介します。

まず最初に、ショービジネスのどのような仕事に魅力を感じるかについて、まだ考えていないのであれば、時間をかけて考えてみてください。

  • 演技は好きですか?
  • それとも、歌やダンスが好きですか?
  • 演出やプロデュースは好きですか?

やりたいことが大体決まったら、次は履歴書を書きます。

まず、連絡先から始め、住所、電話番号、Eメールアドレスなどを記載します。次に、生年月日、目の色、髪の色などの個人情報に移ります。現在、学校や大学に通っているのであれば、その情報も必ず記入しましょう。

次に学歴、職歴と続きます。これは、ショービジネスのいくつかの実地経験を得るために保持することができるインターンシップやパートタイムの仕事をリストアップするのに良い場所です。演技や歌に関連する特別なスキルや資格があれば、それらも必ず記載しましょう。

ここまでに解説した流れをもう一度整理して、履歴書に落とし込んでいってください。

まとめ

この記事では、芸能界で活躍するために、業界関係者にとって魅力的に見える履歴書の書き方について解説しました。

明日のスターを目指してチャレンジしてみましょう!記事が参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
【2022年】人気の芸能事務所オーディションおすすめ比較ランキング 【2022年】人気の芸能事務所オーディションおすすめ比較ランキング 芸能事務所に入って、芸能界で活躍できるスターになりたい!どの芸能事務所が良いんだろう?おすすめ...

LINEともだち限定で、オーディション合格マニュアルを無料プレゼント中!

友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次