MENU

芸能界で危ない・やばい芸能事務所まとめ

LINEともだち限定で、オーディション合格マニュアルを無料プレゼント中!

友だち追加

 芸能活動をしようと思っていて、芸能プロダクションを探しているんだけど、危ない芸能事務所ってあるのかな?オーディションを受ける前に知っておきたいな。

この記事では、このような疑問にお答えします。

目次

芸能界で危ない芸能事務所の条件

結論から言うと、芸能界で危ない芸能プロダクションはあります。

しかし、そのような事務所を名指しでネット上に書くことはできません。

 

「この事務所は危ないから入らない方がいい!」なんて書いたら、単純に名誉毀損として訴えられますし、危ない芸能事務所を名指しで批判すること = そのメディア運営会社も何をされるかわからないからです。

ですので、ネット上で危ない事務所の名前を探すことはできませんし、もちろん当サイトでもそれを書くことは、残念ながらできません。

 

しかし、危ないと言われている芸能事務所の条件について書くことはできます。

ここからは、その危ない芸能事務所の条件について1つずつ解説していきます。

所属費用が異様に高い芸能事務所

芸能プロダクションは、所属費用・毎月のレッスン料としてお金がかかる場合があります。

お金がかかること自体はおかしなことではありませんが、その費用が異常に高い場合は危ないです。

 

目安として1年間に100万円を超えるようなお金がかかると言われたら、詐欺プロダクションかも?と疑った方が良いでしょう。

以下の記事では、お金が一切かからない芸能事務所をまとめています。あわせてチェックしてみてくださいね。

お金が一切かからない芸能事務所

 

設立が新しい芸能事務所

設立が新しい芸能事務所も危ないです。

会社(法人)は、設立してから1~2年間は消費税を払わなくて済むというルールがあります。(免税事業者)

 

そのため、悪質な詐欺をおこなっている芸能プロダクションは、

  1. 法人を立ち上げてから1~2年間で詐欺する
  2. 会社を潰す
  3. 新しく会社を作って、また詐欺をする
  4. 以下ループ

のようなやり方で、詐欺をおこなっているケースが多いです。

なので、「新しい芸能事務所が100%危ない」というわけではありませんが、設立2年以内の芸能プロダクションはある程度注意した方が良いでしょう。

 

個人事業として運営されている芸能事務所

実は、芸能プロダクションは、会社としてではなく、個人事業としても設立できます。

また、芸能プロダクションを設立するにあたって、免許や資格などは特に必要ありません。

 

ようするに、誰でも芸能プロダクションを始めることは、かんたんにできるんです。

 

そのため、中には会社として運営されているかのような雰囲気を出しながらも、個人事業(1人)で運営されている芸能プロダクションもあるんです。

個人事業と、法人とでは明らかに信頼性に違いがありますし、会社を設立してしっかりと事業をおこなっている芸能プロダクションを選ぶべきのは言うまでもないでしょう。

仕事がもらえない芸能事務所

「芸能プロダクションに入ったは良いけど、芸能界の仕事が全くもらえなくて、ただ所属しているだけの状態…。」

こんなパターンも意外とたくさんあります。まさに、飼い殺し状態ですね。

 

芸能事務所に入ること自体が目的なら仕事がもらえない事務所でもOKですが、あなたの目的が『芸能界で有名になること・活躍すること』なら、仕事がもらえない事務所を選んではいけません。

まとめ

この記事では、芸能界で危ない芸能事務所の条件についてご紹介しました。

これから芸能界を目指す方は、ぜひこの条件をよく読み、悪徳な芸能プロダクションに入らないように気をつけてくださいね。

 

以下の記事では、芸能界で危ない事務所とは逆に、これから芸能活動を始める方が入るべきおすすめの芸能プロダクションをまとめています。

あわせてチェックしてみてくださいね。

芸能プロダクションおすすめランキング

LINEともだち限定で、オーディション合格マニュアルを無料プレゼント中!

友だち追加

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる